RSS  |  Archive    


beesandbombs:

cmyk dots
inspired by this Bees & Bombs remix by Gordon Bryant
 
9:36 pm, reblogged by hnmgn,




349 NAME OVER 03/09/30 12:03 ID:???

小学校1年の頃。
うちは母子家庭でして。母はホステスだったわけですよ。
で、晩御飯から就寝まで、俺は家で一人。
そんな俺を哀れに思ったのか、母がある日、
ファミコンとスーパーマリオを買ってきたわけで。
一生懸命遊びましたよ。物を買ってもらうのも久しぶりで、嬉しかったしねぇ…。
で、しばらく経ったある日のこと。夜中に目が覚めたわけですよ。
ミシミシ…ギシギシ…「あ゛あ゛っ!!クソォッ!!腹立つぅ!!」

俺はただならぬ気配を感じ、恐る恐る目を開けると、顔を紅潮させ、
力いっぱいコントローラーを握った母がTVに向かっていた。
あまりに力を込めて握っているため、コントローラーがミシミシと音を立てていたのだ。
どうやら、1-1のゴール直前にある落とし穴がどうしても越えられない模様。

俺「お母さん・・・」
母「(ビクゥ!)あ、起こしちゃった・・・?」
俺「何してんの?」
母「あ、え、いや・・・。あのね、ほら、
  あんたより先に進んで、後で教えてあげようかと思って。
  ここはこうした方がいいよーって」
俺「・・・。僕、もう全部クリアしちゃった・・・。」

それからかな・・・。母が「ゲームは1日1時間」って決まりを作ったのは・・・。

9:10 pm, by hnmgn,




その方法とは、なんと“眠る前に起床時刻をつぶやく”だけ!

たとえば、翌朝6時に起きたいのであれば、眠る前に「6時に起きる」とつぶやく。たったこれだけのことで本当にその時刻に自然に目覚めることができるというのです。一体どういう仕組みなのでしょうか?

そのカギを握るのは、“コルチゾール”という脳内ホルモンです。睡眠中にコルチゾールが分泌されると、血糖値や血圧、心拍数が上昇し、からだが目覚めの準備を始めます。

このコルチゾールをいいタイミングで分泌するには、起床時刻を脳にインプットしておかなければなりません。そのインプットのために、眠る前に「●時に起きる」とつぶやくことが重要なのです。

つぶやきによって起床時刻が脳にインプットされていると、その3時間前から徐々にコルチゾールが分泌されます。そして、起床時刻にはちょうどいい感じに準備が整って、スッキリ目覚めることができるというわけです。

11:16 pm, reblogged by hnmgn,




1位 「送ってほしい」と依頼した資料をすぐに送ってくれる
2位 確認のために持ち帰った質問に対する返事が早い
3位 急な依頼にも可能な限り対応してくれる
4位 打ち合わせや納期など、約束の時間を必ず守る
5位 自社商品やサービスについて、メリットだけでなくデメリットもきちんと教えてくれる
6位 こちらがうまく言い表せないことを簡潔にまとめてくれる
7位 自社商品やサービスの説明が簡潔でわかりやすい
8位 こちらの話を真剣に聞いてくれる
9位 次回打ち合わせの予定をその場で決めてくれる
10位  雑談がおもしろい
10:29 pm, reblogged by hnmgn,




7:44 pm, reblogged by hnmgn,




体罰を受けてきた人間は体罰を肯定する。
それは自己のアイデンティティを守るという防衛本能に基づくのだ。
殴られて育った自分の過去を肯定したいという狂おしい思い。
そして俺が殴られて育ったのだから、いまのガキも殴られろという倒錯した復讐心。
暴力の順送り構造の被害者。
それが体罰肯定論者の正体。
6:07 pm, by hnmgn,




1991年、アフリカホーン岬のソマリア政府が崩壊した。ソマリアの900万人の国民は、それ以後ずっと、飢餓に苦しんでいる。
そして、西欧の醜い権力がこれを好機とソマリアの食糧供給源を盗み、海には核廃棄物を投げ捨てている。

そうだ、核廃棄物。
ソマリア政府が無くなってからすぐに、正体不明なヨーロッパの船がソマリアの海岸線沖に出没するようになり、巨大な樽状のものを海に投棄しはじめた。
海岸地方の人々は、それから病気になりはじめた。最初は、奇妙な発疹が出たり、吐き気がしたり、赤ん坊の奇形が見られた。
それから、2005年の津波の後、捨てられ漏れ出している樽が数百も海岸線で波に洗われていた。
人々は放射線に被曝した病気に罹った。300人以上が亡くなった。

国連のソマリア係官であるAhmedou Ould-Abdallahが話してくれたところでは、「誰かが核物質をここに捨てている。カドミウムや水銀のような重金属や鉛もある。何でもある」
これらの大半が元をたどればヨーロッパの病院や工場に行き着く。これは、それらの施設が、イタリアのマフィアに、安価に「廃棄」してもらうように渡したもののようだ。
ヨーロッパの政府はこれに対して何もしていない。

同時に、ヨーロッパの船が、ソマリアの海産物を盗んでいる。
それらの根こそぎの漁獲により、ソマリアの資源のストックが破壊されてしまった。ヨーロッパの船舶はソマリアの保護されていない海に不法に侵入して、巨大なトロール漁を毎年行い、3億ドル相当の、マグロ、エビなどの海産物が盗まれてしまった。

そのような理由で、ソマリアの人々はいわゆる「海賊」行為を始めなければならなくなった。
これらの「海賊」はソマリアの一般人で、最初は、ゴミ捨てをするもの、密漁をするものを止めようとして漁船を繰り出したものだ。もしくは、彼らに「税金」をかけようとしたものだ。
「海賊」は自分たちをソマリアのボランティア沿岸警備隊だと言っている。そうするしかなかった理由は自明なことだろう。

※ソマリアの魚は放射能で汚染されているのに、ヨーロッパの船が漁獲して持ち帰るのは矛盾していると思われるが、ソマリアの海岸線は3000キロと長く、放射性のゴミが投機されるのと、魚が密漁されるのとは違う場所で起こっている。

9:15 am, reblogged by hnmgn,




c49dba2f.jpg

c49dba2f.jpg

 
tagged: dog,cat,
9:08 am, by hnmgn,




valar-morghulis:

by In-Hyuk Lee
valar-morghulis:

by In-Hyuk Lee

valar-morghulis:

by In-Hyuk Lee

 
3:45 am, reblogged by hnmgn,




aplacetolovedogs:

@dexxner #ig #happy #smiling  (Taken with Instagram)
aplacetolovedogs:

@dexxner #ig #happy #smiling  (Taken with Instagram)

aplacetolovedogs:

@dexxner #ig #happy #smiling (Taken with Instagram)

 
3:44 am, reblogged by hnmgn,